見積もり書を求める

綺麗なダイニング

注文住宅を建築するとなった場合、一番のメリットは自分で素材から選ぶことができるという点です。
究極のオーダーメイドと言っても過言ではありません。
一生住む家を自分で選んだこだわりの素材を使い、イメージ通りの設計をして出来上がった家は、これ以上にないほど大きな喜びになるでしょう。
裏を返せば、細部までイメージ通りにこだわる建設だからこそ、価格は建売住宅よりも高くなってしまいます。
ですが、それは一般論であって、こだわり方次第では建売住宅と同じぐらいの価格で建設することができると言われています。
壁紙や外壁の素材についてもそうですが、家の中に置くキッチンや洗面所、トイレの便座まで自分で選ぶことが可能ということは、大型家具店に行って自分たちで標準の設備よりも安いものを選んでそれを家に置いてもいいということなのです。

新築の住宅を持つというとどんなイメージがあるでしょうか。
これは建売にしても注文にしても同じですが、やはりお金がかかるというイメージが大きいと思います。
不動産についてはかつて耐震強度の弱いマンションを作って捕まった建築士がいましたが、通常は不動産を格安で売るということは何か裏があるということです。
住宅を建てる場合でもその地域の建物に大きな価格差がないのは、それだけ専門の技術を使い、時間をかけて建てているからなのです。
そこには多くの専門家が出入りして一つの家を建てていきます。
すでに建てた家を売る建売住宅とは違い、注文住宅の場合は、時間の許す限りにおいて土台からの工事を見ることができます。
そこには様々な腕を持った職人が力を合わせて住み心地の良い家を作るという過程を見ることで、高いと言われる価格にも納得ができるのではないでしょうか。